カナダへの旅。カナダからの旅。JTBがお手伝い。
ラブレターfromカナダ vol.1 by E.N

今年のスカジットバレー・チューリップフェスティバルも大盛況

 一面に広がるチューリップ絨毯の美しさに、心を完全に奪われ何十枚も写真を撮影しましたので、その中から選りすぐりの画像と共にフェスティバルについてご紹介します!

バンクーバーを出発し国境を越え、アメリカはスカジットバレーへ。 黄、白、赤、オレンジ、ピンク、紫などカラフルに咲くチューリップがマウント・ベーカーの山麓を色鮮やかに彩っていました。見渡す限りの色とりどりのチューリップ畑と澄み渡る青空のコントラストが作り出す風景は圧巻の美しさでした!期間限定で開催されるチューリップ・フェスティバルを見逃した方!来年こそは是非ご参加下さい!  

毎年数百万人の人々が訪れるチューリップ・フェスティバル。バンクーバーからシアトル方面へ南下し約130キロ、シアトルに向かう途中に位置するスカジットバレーで4月1日~30日の1ヶ月間、チューリップのお祭りが開催されます。

ここスカジットバレーは、東側が山々に、西側が海に囲まれた穏やかな農村地帯となっていて、中心には蛇行したスカジット川が流れています。スカジット川で頻繁に発生する洪水のおかげで、この辺り一帯は肥沃な土壌が形成され栄養分に恵まれています。なんでも世界第1位のチューリップ球根の生産率を誇るオランダの土壌と非常に良く似ているとか!

 30年以上続くチューリップフェスティバル!

1984年から始まったフェスティバル、今年(2018年)はなんと34回目でした!スカジットバレーではチューリップの球根生産が100年前から始まっており、700エーカーもの土地に咲き乱れるチューリップの花々に年々人気が高まっています。カナダ/アメリカの国境での混雑具合にもよりますが、車だと2時間程で到着できるため今年もバンクーバーからも多くの観光客が訪れ賑わいを見せていました!道の両側に咲き乱れるチューリップを、移動中の車窓から眺めるだけでも心が弾み、360度一面に広がるチューリップ畑の風景が疲れた身体と心に元気を与えてくれました!

 チューリップタウン

球根栽培会社、スカジット・バレー・バルブ・ファームが所有するガーデン内で、4月いっぱい一般にオープンしているチューリップ・タウン(Tulip Town)は、チューリップ祭りの中心的存在。屋外のチューリップ畑はもちろんのこと、屋内フラワーガーデンショーがあり、天候を気にすることなく楽しめる施設が整っていました。 このあと紹介するRoozengaardeの庭園より規模が大きく、一面に広がるチューリップ畑で色とりどりのチューリップを鑑賞できるのがポイント。広大な庭園敷地内には、トロリーでの移動サービス(大人:2カナダドル、子供:1カナダドル ※2018年4月現在)  アート、クラフト、写真の展示、ライブ・ミュージック、苗木やお土産の販売等もありました。庭園内はオランダ風の風車を中心に、60種以上にも及ぶチューリップが咲き乱れて、トレイルをゆっくり散策できいろんな角度からチューリップの景色が楽しめました(#^^#)

 ローゼンガータ

全米最大の球根栽培会社であるワシントン・バルブ・カンパニーが所有しているルーゼンガータ(Roozengaarde)は、約1600エーカーほどの広大な敷地面積を誇りチューリップだけではなく、水仙、アイリス等の畑もありました。このうちチューリップ畑は、なんと350エーカー!東京ドーム32個分に相当します!オランダから移住してきたRoozen一家は、オランダで1700年中頃から続く由緒あるチューリップ球根農家で、現在は6代目が家業を継いでいるそう。母国オランダを忘れないよう、庭園内にはオランダから持ち込まれた本物の風車が設置されていて、なんともフォトジェニック!

後方に白く輝く山がMt.ベーカー! アメリカとカナダの国境近くにある山で、 標高はなんと3286m! ワシントン州で3番目に高く、氷で覆われた山はどこからでもすぐに見つかります。

【春の特別企画】WA州最大のチューリップ・フェスティバルツアー(バンクーバー発)では、上記2か所の代表的なチューリップ畑、チューリップ・タウンまたはローゼンガータのどちらかにご案内致します。色鮮やかなチューリップが作り出す美しい風景は、写真を何枚撮影しても撮り飽きることがありません!是非この美しいチューリップ畑の景色で、心も身体もリフレッシュ!フォトジェニックな1日を過ごしてみませんか?

2018年のツアー催行は終了致しました。来年のご参加をお待ちしております。

写真:2018年4月25日撮影
E.N
Copyright© 2013 JTB International (Canada) Ltd. All right reserved.